仮想通貨の情報収集はテレグラム(Telegram)がおすすめ。日本語対応の人気のグループは?

仮想通貨の情報収集はテレグラム(Telegram)がおすすめ。日本語対応の人気のグループは?

皆さん、仮想通貨の情報収集はどうやって行っていますか?
Twitter?やブログ?などがメインではないでしょうか?

そんな方に、一歩先の情報収集方法である テレグラム(Telegram) を利用した仮想通貨の情報の収集方法を紹介します。

Telegramの利用は無料で、実名での登録も必要ないため、気軽に登録することができます。

テレグラム(Telegram)とは?

TelegramはLINEのようなメッセージツールです。
LINEとは違い実名での登録や、電話番号の認証が必要ないため、不特定多数が参加する仮想通貨のコミュティで利用されるようになりました。
利用感はLINEとほぼ同等で、ステッカーと呼ばれるLINEのスタンプのようなものもあります。

おすすめのTelegramの人気グループ

【日本語】crypto友の会

仮想通貨とICO全般についての日本語のコミュニティです。

【日本語】ネムのTelegramのグループ

仮想通貨のネムについてのコミュニティです。

NEMは New Economy Movement(ニュー・エコノミー・ムーブメント) の略で、その名の通り新しい経済圏の作成を目的としています。
Coincheck(コインチェック)盗難事件でも話題になった仮想通貨です。
ちなみにCoincheck(コインチェック)の盗難事件はネムの問題ではなく、Coincheck(コインチェック)のセキュリティ管理の甘さが原因です。
ネムは、特に日本市場で人気の仮想通貨で、開発者向けにAPI(Application Programming Interface)が公開されていて、開発の手軽さが売りになっています。
ビットコインとは違い、電力に依存しないPoI(Proof of Importance)という仕組みで、いわゆる、マイニングではなくハーベストという仕組みで成り立っています。

リップルのTelegramのグループ

仮想通貨のリップルについてのコミュニティです。

厳密にはリップルは送金システムのことを指し、XRPはリップル内で利用される独自の通貨になります。
リップルの送金システムは以下のようにXRPを用い、通貨間の送金を行います。

  • 円->XRP->ドル
  • BTC->XRP->ドル

従来の銀行間の取引と比べて高速、かつ、安い手数料で送金することが可能です。
XRPがすべての通貨の中間通貨の役割を担い、通貨の種類を問わず、瞬時に換金することが可能となっています。
リップルの送金手数料はどんなに高額でも日本円で1円以下に収まっています。

ビットコインキャッシュのTelegramのグループ

ビットコインキャッシュについてのコミュニティです。

ビットコインキャッシュは、2017年8月1日にビットコインからハードフォーク(分裂)してできあがった仮想通貨です。
ビットコインキャッシュはビットコインの欠点である、送金スピードの遅延や高騰する手数料の問題を解消するアップデートが行われているため、実用度はビットコインより高いとも言われています。

リスクのTelegramのグループ

リスクについてのコミュニティです。

Liskは、分散型アプリケーション(DApps)のプラットフォームです。イーサリアム(Ethereum/ETH)と似ていてよく比較されます。
イーサリアム(Ethereum/ETH)のスマートコントラクトは独自のプログラミング言語で書く必要がありますが、リスクは Javascript という既存の言語で作成することができます。
この点は既存の技術者が参入しやすいという特徴があります。
また、サイドチェーンというブロックチェーンの仕組みを利用しています。
メインのチェーンにはサイドチェーンへのリンクだけが組み込まれているイメージです。
サイドとメインを分けることによって処理速度が向上されています。ビットコインが10分かかる承認作業をリスクは約10秒で完了することができます。
また、サイドチェーンにバグが有ったとしてもメインチェーンからその部分だけを切り離すことができます。

ライトコインのTelegramのグループ

ライトコインについてのコミュニティです。

元GoogleエンジニアのCharlie Lee氏が2011年10月に公開した仮想通貨です。
基本的にはビットコインの仕組みを踏襲していますが、ビットコインが約10分間隔で送金を完了するのに対して、イトコイン(Litecoin/LTC)は、その4分の1の2.5分間隔で送金が完了します。
また、ビットコインと比較しても送金手数料が安く抑えられるという特徴もあり、ビットコインの欠点を補っているバランスのとれた仮想通貨です。

ぺぺキャッシュのTelegramのグループ

ぺぺキャッシュについてのコミュニティです。
ぺぺキャッシュは Zaif(ザイフ)で購入することができます。

ぺぺキャッシュはレアぺぺというカエルのカードを購入するために作られたカウンターパーティトークンです。
カードの交換や申請の手数料として利用されます。海外の匿名掲示板4chで人気となっていったようです。

【日本語】COMSA(ICO)のTelegramのグループ

COMSA(ICO)についてのコミュニティです。
COMSAはZaif(ザイフ)を運営するテックビューロ社のICOサービスです。
社長も登場します。

COMSA(コムサ)はZaif(ザイフ)なども運営するテックビューロのICOプラットフォームです。**

すでにトークンセールは終了しており、100億円以上を調達 しています。

COMSA(コムサ)の公式サイトには以下の説明があります。

多くの企業がICOを希望するものの、基本となるブロックチェーン技術の導入には様々な問題がつきまといます。その中の一つとして、暗号通貨の法定通貨に対するボラティリティであり、会計上や監査上の様々な煩雑さを引き起こしています。そして期待とニーズに、既存のソリューションが対応しきれていなかったのが最も大きな障壁となっていました。

COMSA は、これら課題をまとめて解決すべく、企業のICOによる資金調達と、既存アセットのトークン化技術、Zaif取引所、そしてmijinプライベートブロックチェーンによる内部勘定技術をワンストップのソリューションとして提供し、実ビジネスへのブロックチェーン技術導入を一からサポートいたします。

簡単に言うと、COMSA(コムサ)は企業がブロックチェーンの技術を利用するためにサポートをするソリューションを提供するという事になります。

【日本語】Binance(バイナンス)のTelegramグループ

Binance(バイナンス)の特徴

  • 手数料が安い
  • 将来有望なICOがすぐ上場する
  • 日本で取り扱っていない仮想通貨の圧倒的な品揃え

Binanceは香港を拠点とする取引所です。売買にかかる手数料は 一律0.1% で **BNB** というBinanceが発行するトークンを持っていればそこからさらに 半額の 0.05% になり圧倒的に安くなります。

Binanceは100種類以上の銘柄が売りに出されていて、**草コイン** とよばれる、これから伸びるであろうコインの発掘にも向いています。 また、ICOのトークンの上場にも積極的な取引所のため、注目のICOがすぐに上場されるということがよく有ります。

日本円の入金はZaifbitFlyerなどの日本の取引所で行い、ビットコイン購入しBinanceの口座に送金してメインの取引するという体制がもっともおすすめできます。

幅広くチャンスを逃さないためにもBinanceの口座は必須だと思います。

Binance(バイナンス)のTelegramのグループには日本語のグループがあります。

海外の取引所で日本語のグループがあるのは珍しいですね。それだけ利用者が多いということだと思います。

【日本語】モナコインのTelegramグループ

ライトコイン(Litecoin/LTE)をベースに開発された純国産の仮想通貨です。世界で初めてSegWitという送金が早くなるアップデートを成功させた通貨でもあります。
ビットコインに比べて送金も早く、送金手数料が安いのが特徴です。
また、日本のコミックマーケットでの支払いに使うサークルも増えてきています。

Telegramのグループの参加人数が多いということは人気が高い?

仮想通貨の情報収集にかかせないテレグラムですが、それぞれの仮想通貨によって参加人数はまちまちです。
英語のグループしかなかったり、日本語と英語の両方のグループがあったりします。
コミュニティの人数が多く、メッセージが盛り上がっているということはそれだけ、注目度が高い通貨でもあると思います。
皆さんも、仮想通貨の情報収集にテレグラムを利用してみてください。