ビットコインFX(レバレッジ取引)の仕組みは?対応仮想通貨取引所を手数料比較!

ビットコインFX(レバレッジ取引)の仕組みは?対応仮想通貨取引所を手数料比較!

ビットコインFXとは、今話題の仮想通貨を用いた証拠金レバレッジ取引のことです。
為替のFXに馴染みがない人は一体どういった仕組みでなりたっているかわからないという方もいらっしゃると思います。

今回はレバレッジ取引の仕組みと、各取引所の手数料などの比較、メリット・デメリットを紹介します。

レバレッジ取引とは?

レバレッジ取引は、ユーザが口座にある日本円の一部を「証拠金」として仮想通貨の取引所に預けます。ユーザが預けた証拠金の数十倍の金額の売買を行うことができます。レバレッジ取引を利用することで、資金効果を高めることが可能になります。ユーザは売買の対象となっているビットコインなどの銘柄(仮想通貨ペア)を売戻し又は買戻しをした際の価格差によって、利益、または、損失をだすことになります。

例として、レバレッジが5倍の場合、証拠金20万円を元手に100万円相当までの取引を行うことができます。

また、レバレッジ取引は 「売り」からも取引を始めることができます。
市場価格が高いときに保有していない仮想通貨を売り、安くなったときに買い戻すことで、利益を得ることもできます。

例として、1ビットコインが100万円の際に、1ビットコインの売り注文を行い、1ビットコインが90万円になった際に買い戻しを行うと、100万円 – 90万円 = 10万円が利益となります。

このようにレバレッジ取引を利用することで、資金効率を高めたり、売買の機会を増やすことができます。

仮想通貨取引所はレバレッジ取引でとのように利益を出しているか?

なぜ仮想通貨取引所はレバレッジ取引のサービスを行っているか気になりませんか?証拠金も何倍もの金額の売買注文があるのに取引所が損するとは思いませんか?

実は取引所はレバレッジ取引で基本的に現物(実際のビットコインの仮想通貨)を売買しているわけではないんです。
仮想通貨の取引所はレバレッジ取引の売買で手数料を取ることによって利益をだしています。
あくまでも、レバレッジ取引とはビットコインの価格と連動させた価格で架空の売買をおこなっていると考えてください。
そのため、レバレッジ取引では現物のビットコインを得ることはできません。

レバレッジ取引に対応している仮想通貨取引所は?

bitFlyer(ビットフライヤー)のLightning Fx

bitFlyer(ビットフライヤー)では 「Lightning Fx」 というビットコインFXのサービスを提供しています。

bitFlyer(ビットフライヤー)とは?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

安心・安全を重視ならbitFlyer(ビットフライヤー)で!

Zaif(ザイフ)のAirFX

Zaif(ザイフ)「Air Fx」 というビットコインFXのサービスを提供しています。追証が無しで、最大25倍の高倍率なレバレッジ、そして保持している仮想通貨を証拠金に充当できるのが特徴です。

Zaif(ザイフ)とは?

Zaif(ザイフ)は日本の仮想通貨の取引所になります。手数料が安くおすすめの取引所です。

DMM Bitcoinのレベレッジ取引

DMM Bitcoinは5倍のレバレッジ取引を提供しています。アルトコインでレバレッジ取引ができるのは日本で唯一DMM Bitcoinになります。

仮想通貨で億り人を目指す人のメモ帳。
おすすめの仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)、bitFlyer(ビットフライヤー)、GMOコイン、DMM Bitcoin、Binance(バイナンス)、Cryptopia(クリプトピア)などの比較。特徴、評価、安く買う方法、新規登録・口座開設の手順、手数料、仮想通貨FX、アルトコインの将来性など紹...
仮想通貨で億り人を目指す人のメモ帳。
おすすめの仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)、bitFlyer(ビットフライヤー)、GMOコイン、DMM Bitcoin、Binance(バイナンス)、Cryptopia(クリプトピア)などの比較。特徴、評価、安く買う方法、新規登録・口座開設の手順、手数料、仮想通貨FX、アルトコインの将来性など紹...

DMM Bitcoinとは?

アルトコインでレバレッジ取引するならDMM Bitcoinがおすすめ!

GMOコインのFX

GMOコインは5倍のレバレッジ取引のFXをs提供しています。

GMOコインとは?

ビットコインでFXするならGMOコインがおすすめ!

仮想通貨取引所のFX(レバレッジ取引)比較

取引所レバレッジ最大倍率強制ロスカット売買手数料日次手数料(※3)対象仮想通貨追証の有無(※2)
bitFlyer(ビットフライヤー)15倍証拠金維持率50%無料0.04%ビットコイン
Zaif(ザイフ)25倍証拠金維持率30%無料0.039%ビットコイン
DMM Bitcoin5倍証拠金維持率80%スプレッド手数料(※1)0.04%ビットコイン,イーサリアム.ネム,リップル,イーサクラシック,ライトコイン,ビットコインキャッシュ
GMOコイン5倍証拠金維持率75%スプレッド手数料(※1)0.05%ビットコイン

※1 スプレッド手数料 は、取引所が提示する売買価格の差のことで不定となっている
※2 追証(おいしょう、追加証拠金) とは、万一証拠金より大きな金額の損失が発生した場合、不足分の日本円を追加で振り込む必要があるかどうか
※3 日次手数料 は、売りポジション、または買ポジションの金額に対して一日ごとにかかる手数料です。

板取引のZaifとbitFlyer、販売所取引のDMM BitcoinとGMOコイン

Zaif(ザイフ)bitFlyer(ビットフライヤー)のビットコインFXは板取引であるのに対し、DMM BitcoinGMOコインは販売所形式の取引になっています。
それぞれの違いを説明します。

スプレッド手数料はないが、まれにロスカット連鎖が起きる「板取引」

Zaif(ザイフ)bitFlyer(ビットフライヤー)のビットコインFXは板取引になっています。

板取引は、ユーザ同士の注文が板に並び同価格の注文が発生すると、約定する仕組みになります。

そのため、価格はユーザの注文によってきまるため、現物との価格乖離を防ぐためにZaif(ザイフ)bitFlyer(ビットフライヤー)はそれぞれ、スワップポイントという制度があります。これは、現物の価格と比較して「より価格の乖離を拡大させるポジションを持っている人」から「より価格の乖離を縮小させるポジションを持っている人」に対してスワップポイントという手数料が支払われる仕組みになっています。この仕組によって現物価格とFXの価格があまり乖離しないように調整される仕組みになっています。簡単に説明すると、現物価格が1BTC=100万円 のとき, FX価格が1BTC=110万円と乖離していたとします。この時、「買いポジション」の人から「売りポジション」の人にスワップポイントの手数料が支払われます。
これによってユーザは手数料をさけるために「買いポジション」を解消しようとします。こうして、FXの価格が現物と乖離しないような仕組みで成り立っています。

また、価格はユーザの注文によってきまるためまれに 「ロスカット連鎖」 という現状が発生することがあります。

「ロスカット連鎖」はロスカットがロスカットを呼び価格が暴騰、もしくは、暴落する現象のことをさします。
例えば、ビットコインの価格が高騰しているとき(比較的大勢が買いポジションを持っている時に)に大口の「売り」や、相場に悪影響のあるニュースによっての「売り注文」が殺到した時に、「買いポジション」をもっていた人の証拠金維持率がロスカット水準を下回り、強制的に「売り注文」(ロスカット)が行われます。そうするとさらに価格がさがり、また、別の売り注文が発生するという形です。

以下は、Zaif(ザイフ)のAirFxでロスカット連鎖が起きた際のチャートになります。

現物価格を大きく下回って価格が下落していることがわかります。

スプレッド手数料があり、安定している「販売所取引」

DMM BitcoinGMOコインは販売所形式の取引になっています。

販売所形式の取引は、取引所が決めた価格にたいして、ユーザが売買注文を行う仕組みになります。

取引所の販売価格は現在の「ビットコインの相場」や「実際に発生している注文」などの様々な要因によって決定しています。実際にどういう方法で価格がきまるかは、公開されていません。
この仕組のため、取引所側が儲けるために「意図的に販売価格を設定する」ということも可能になってきます。ただし、そんなことをしたらユーザはいなくなりますよね?なので、販売所で自ら価格を決めているからといってやりたい放題というわけではありません。

「販売所」形式の取引所の特徴として、「スプレッド手数料」という手数料を売買のたびに徴収しています。

上記の画像のように「買い」の価格と「売り」の価格に差がありますよね?これがスプレッド手数料で、取引所の収益になっています。

また、先程「ロスカット連鎖」の話をしましたが、これは販売所形式の取引だと発生しにくいです。それは、価格の決定を他の取引所などの「ビットコインの相場」をもとに判断しているからです。

【まとめ】仮想通貨FXの取引所比較

各仮想通貨取引所の特徴をまとめると以下のようになりました。

皆さんも自分にあった取引所で仮想通貨のFXを行なってみてください。