イーサリアムを安く買うのにおすすめの仮想通貨取引所は?Zaifがおすすめ!!

イーサリアムを安く買うのにおすすめの仮想通貨取引所は?Zaifがおすすめ!!

皆さん。イーサリアムという仮想通貨を知っていますか?

このイーサリアムという仮想通貨なんですが今ビットコインよりも激アツなんです。
今回はイーサリアムという仮想通貨の説明と購入におすすめの取引所を紹介します。

イーサリアムとは?

イーサリアムは仮想通貨の時価評価額でビットコインに次ぐ第2位に君臨し続けている仮想通貨です。

2015年7月に誕生しました。
ビットコインが2009年に誕生したことを考えるとかなり最近に誕生したことになりますが。
その利便性などから、将来的にはビットコインを抜くのではないかとも言われています。

また、 イーサリアムは日本の金融庁が「登録業者が取り扱う仮想通貨」、いわゆる「ホワイトリスト」として登録されている仮想通貨になります。

イーサリアムのスマートコントラクトとは?

スマート(smart) + コントラクト(contract) で、日本語だと「頭の良い契約」という意味になります。

イーサリアムはブロックチェーン上に入出金などの取引の記録だけではなく、契約 そのものを組み込むことができます。
その 契約 はプログラムとしてブロックチェーン上に組み込まれます。

イーサリアムのスマートコントラクトとは、ブロックチェーン上に予め定義した条件や成果などの契約を記録し、政府や企業などの中央機関なしに自動で契約を履行出来るというものです。

ブロックチェーンの改ざん不可能という特徴をいかして、改ざん不可能な 契約 をイーサリアム上で自動実行することができるのです。

ちょっとわかりづらいので Ujo Music 社がイーサリアムで実現した音楽著作権管理の方法を紹介します。

Ujo Music社はイーサリアムのスマートコントラクトを利用して、著作権のある楽曲の使用料の契約を自動で履行しています。

例として、 楽曲収入の半分をUjoが、残りの半分を楽曲の著作権利者に支払うという契約をしたとします。
この契約は実際に支払うプロセスまですべてがプログラム化されイーサリアムのブロックチェーン上に組み込まれます。
その後、利用者が1曲1000円分のイーサリアムを支払って楽曲を購入したとします。
この1000円はUjoに500円、楽曲の権利者に500円分のイーサリアムのスマートコントラクトによって自動で分配されます。
当然この記録は改ざん不可能ですべて残ることになります。

日本でもJASRACなどの音楽の著作権の管理団体が存在しますが、その不透明さが問題になったりすることもありますが、
イーサリアムのスマートコントラクトであれば全てオープンです。

このようにイーサリアムのスマートコントラクトはビットコインにはない素晴らしい可能性を秘めています。

イーサリアム現在の価格は?

イーサリアム price

イーサリアムが注目されている理由・将来性について

EEA(Enterprise Ethereum Alliance)

EEA(Enterprise Ethereum Alliance)は加盟企業間でビジネスにおけるイーサリアムの
業界標準仕様を策定し、特定の企業や団体という枠に限定されずに、広く世界と互換性を発揮することを目的とした組織です。
JPモルガン、マイクロソフト、アクセンチュア、インテルなどを始めとした欧米の大手企業約30社で設立されました。
EEA(Enterprise Ethereum Alliance)に加盟している代表的な日本企業は、三菱東京UFJ銀行、トヨタ、KDDIなどです。
現在では500以上の団体が加盟しています。

こうしたイーサリアムを活用する企業のサービスを通じ、今後イーサリアムの実需が高まっていくということが考えられます。

分散型アプリケーション(Dapps)とは?

Dappsは Decentralized Applications の略で、分散型アプリケーションのことです。
分散型アプリケーション(Dapps)はスマートコントラクトを実装、活用するアプリケーションになります。

2018年2月9日時点では1000以上のアプリケーションが登録されています。
アプリケーションはすべて https://www.stateofthedapps.com/ で確認することができます。

これらの分散型アプリケーション(Dapps)のさらなる普及がイーサリアムの価格に大きな影響を与えていくことは間違いないです。

ライデンネットワーク(Raiden Network)

ライデンネットワーク(Raiden Network)は イーサリアムの機能を拡張するオープンソースプロジェクトです。
ライデンネットワークの仕組みが完成するとイーサリアムの取引スピードは劇的に高速になると言われています。

イーサリアム国内おすすめ取引所 Zaif(ザイフ)

イーサリアムを買うことができる取引所には Zaif(ザイフ)bitFlyer(ビットフライヤー)があります。

そのなかでも、おすすめなのはZaif(ザイフ)になります。

Zaif(ザイフ)の特徴

  • ビットコインを購入する度に手数料がキャッシュバック
  • 仮想通貨のコイン積立がある
  • ここでしか買えない仮想通貨がある

Zaifではビットコインを購入するたびに、手数料がキャッシュバックされます。おそらく、世界で一番ビットコインを安く買えると言っても過言ではないです。

仮想通貨で億り人を目指す人のメモ帳。
おすすめの仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)、bitFlyer(ビットフライヤー)、GMOコイン、DMM Bitcoin、Binance(バイナンス)、Cryptopia(クリプトピア)などの比較。特徴、評価、安く買う方法、新規登録・口座開設の手順、手数料、仮想通貨FX、アルトコインの将来性など紹...

ドルコスト平均法というリスクの少ない方法で仮想通貨投資を始めることができるコイン積立があります。

Zaifで買える仮想通貨は全16種類。これは日本最多になります。 COMSA(コムサ)というICOプラットフォームを開発しています。今後の値上がりが確実視されているCOMSAトークンを買えるのはZaifだけです。

Zaif(ザイフ)は取引の手数料が安い

Zaif(ザイフ)がイーサリアムの取引でオススメな理由はは 手数料の安さと板取引になります。

Zaif(ザイフ)のイーサリアムの取引手数料は、

maker 0%
taker 0.1%

になっています。

maker手数料は板に注文を並べる際の手数料、taker手数料は並んだ注文を消費する際の手数料を指します。

つまり、板に注文を並べて取引をすれば手数料は一切かかりません。
また、bitFlyer(ビットフライヤー)のように販売所形式の取引所で買うとスプレッドという手数料かかりますが、Zaif(ザイフ)はユーザ同士の板取引のためスプレッドによる手数料はかかりません。

イーサリアムのレバレッジ取引はDMM Bitcoinがおすすめ

イーサリアムでレバレッジ取引ができる取引所は日本で唯一DMM Bitcoinだけになっています。
こちらは口座の日本円に対して 5倍のレバレッジを掛けて取引することができます。
つまり、20万円の原資で100万円分の取引ができるといいうことになります。

DMM Bitcoinの特徴

  • アルトコインでレバレッジ取引ができる
  • ストリーミング注文ができる

アルトコインで最大5倍のレバレッジ取引ができるのはDMM Bitcoinだけです。アルトコインでチャンスが来た時に備えて口座をもっとておくと良いかもしれません。

また、FXなどでおなじみの ストリーミング注文 ができます。リアルタイムでスマートフォンやパソコンに表示されている画面に提示されているレートを任意のタイミングでクリックすることで注文できる方法です。予想外のレートで約定したりしないため、忙しいサラリーマンにもおすすめできます。

例として、レバレッジが5倍の場合、証拠金20万円を元手に100万円相当までの取引を行うことができます。

また、DMM Bitcoinのレバレッジ取引は 「売り」からも取引を始めることができます。
市場価格が高いときに保有していない仮想通貨を売り、安くなったときに買い戻すことで、利益を得ることもできます。

例として、1ビットコインが100万円の際に、1ビットコインの売りを行い、1ビットコインが90万円になった際に買い戻しを行うと、100万円 – 90万円 = 10万円が利益となります。

このように上昇相場のときには「買い」の取引を、下降相場のときは「売り」の取引をすることができるため、勝負のチャンスが増えるという特徴もあります。

以上が「イーサリアムを安く買うのにおすすめの仮想通貨取引所は?手数料比較等」