BitTrade(ビットトレード)取引所で買える仮想通貨リスト一覧。特徴や将来性。

BitTrade(ビットトレード)取引所で買える仮想通貨リスト一覧。特徴や将来性。

BitTrade(ビットトレード)取引所では、現在下記の仮想通貨の売買を行うことができます。

  • ビットコイン(Bitcoin/BTC)
  • イーサリアム(Ethereum/ETH)
  • リップル(Ripple/XRP)
  • ライトコイン(Litecoin/LTC)
  • モナコイン(MONA Coin/MONA)
  • ビットコインキャッシュ(Bitocoin Cash/BCH)

今回はそれぞれの通貨の価格や特徴、将来性を紹介していきます。

BitTrade(ビットトレード)とは?

リップル(Ripple/XRP)買うならBitTrade(ビットトレードがおすすめ!!

ビットコイン(Bitcoin/BTC)

ビットコインの価格はいくら?

仮想通貨時価総額ランキング: 1位(2018年2月11日時点)
過去最高値: 1BTC = 約220万円

ビットコイン price

ビットコインの成長率は?

2017年1月の価格2018年2月11日の価格成長率
11万円88万円8倍

ビットコインの特徴は?

言わずと知れたキングオブ仮想通貨。仮想通貨、そしてブロックチェーンが夜に知れ渡るきっかけになった仮想通貨です。時価総額は圧倒的1位に君臨し続けています。

また、世界中の仮想通貨取引所で基軸通貨となっています。そのため、法定通貨で一度ビットコインを購入後に、その他のアルトコインを購入するという流れが基本になっています。

ビットコインは仮想通貨の入り口の通貨になっていますので、多くの取引所でほとんど手数料無しで購入することができるようになっています。

ビットコインの将来性は?

ビットコインの成長は、仮想通貨の成長と一体になっています。そのため、ビットコインの価格がさがると他のアルトコインの価格も下がっていきます。

今後のビットコインの価格は、以下のポイントが重要になってきます。

  • 仮想通貨自体の規制の方向性
  • 実需がどうなるか、実際に利用可能箇所が増えていくか
  • 金融商品としての可能性
  • 送金速度が改善されるか
  • 中国が中心になっているビットコインのマイニング産業がどうなっていくか

イーサリアム(Ethereum/ETH)

イーサリアムの価格はいくら?

仮想通貨時価総額ランキング: 2位(2018年2月11日時点)
過去最高値: 1Ether = 約15万円

ethereum price

イーサリアムの成長率は?

2017年1月の価格2018年2月11日の価格成長率
1100円9万円81倍

イーサリアムの特徴は?

イーサリアムは2014年に誕生した仮想通貨で、時価評価額でビットコインに次ぐ第2位に君臨し続けている仮想通貨です。ビットコインが2009年に誕生したことを考えるとかなり最近に誕生したことになりますが、その利便性などから、将来的にはビットコインを抜くのではないかとも言われています。

イーサリアムはブロックチェーン上に入出金などの取引の記録だけではなく、契約 そのものを組み込むことができます。その 契約 はプログラムとしてブロックチェーン上に組み込まれます。

この仕組は スマートコントラクト と言われています。

スマート(smart) + コントラクト(contract) で、日本語だと「頭の良い契約」というような意味になります。
また、イーサリアムはアプリケーションのプラットフォームです。イーサリアムのブラックチェーンとスマートコントラクトを利用しているアプリケーションを分散型アプリケーション(Dapps)といいます。

イーサリアムの将来性は?

利便性の高いイーサリアムのスマートコントラクトは、今後必ずインフラとしての立ち位置を樹立していくと思います。今後は、企業によるスマートコントラクトのさらなる活用実績が増えていくと思います。

また、分散型アプリケーション(Dapps)もますます充実していくでしょう。
これらのさらなる普及がイーサリアムの価格に大きな影響を与えていくことは間違いないです。

リップル(Ripple/XRP)

リップルの価格はいくら?

仮想通貨時価総額ランキング: 3位(2018年2月11日時点)
過去最高値: 1XRP = 約400円

リップル price

リップルの成長率は?

2017年1月の価格2018年2月11日の価格成長率
0.65円115円176.9倍

リップルの特徴は?

厳密にはリップルは送金システムのことを指し、XRPはリップル内で利用される独自の通貨になります。
リップルの送金システムは以下のようにXRPを用い、通貨間の送金を行います。

  • 円->XRP->ドル
  • BTC->XRP->ドル

従来の銀行間の取引と比べて高速、かつ、安い手数料で送金することが可能です。
XRPがすべての通貨の中間通貨の役割を担い、通貨の種類を問わず、瞬時に換金することが可能となっています。
リップルの送金手数料はどんなに高額でも日本円で1円以下に収まっています。

リップルの将来性は?

現在でも多数の銀行がリップルの送金ネットワークに参加しています。
実際にリップルでの送金が増えることによってXRPの価値は高まっていきます。
XRPは1000億XRPが発行上限になっていますので、単純計算で 1000億 * 1XRPの単価 が実際に送金できる金額になります。
1XRP = 100円 とすると 10兆円の送金ができる計算になります。
単純に考えると 10兆円以上の送金需要がある場合、XRPの値段は上がっていくことになります。

ライトコイン(Litecoin/LTC)

ライトコインの価格はいくら?

仮想通貨時価総額ランキング: 6位(2018年2月11日時点)
過去最高値: 1LTC = 約4万円

ライトコイン price

ライトコインの成長率は?

2017年1月の価格2018年2月11日の価格成長率
460円17000円36.9倍

ライトコインの特徴は?

元GoogleエンジニアのCharlie Lee氏が2011年10月に公開した仮想通貨です。

基本的にはビットコインの仕組みを踏襲していますが、ビットコインが約10分間隔で送金を完了するのに対して、イトコイン(Litecoin/LTC)は、その4分の1の2.5分間隔で送金が完了します。

また、ビットコインと比較しても送金手数料が安く抑えられるという特徴もあり、ビットコインの欠点を補っているバランスのとれた仮想通貨です。

ライトコインの将来性は?

ライトコインの将来性は、実店舗などで支払いに使える場所がふえるかどうかが鍵になってきます。ビットコインよりも実店舗での使い勝手が良いので、どれだけ普及するかが重要になってきます。

また、ビットコインキャッシュ(Bitcoin cash/BCH)などのビットコインを補完する形でうまれてコインがライバル関係にあるので、それらのコインと比較して今後、優位性をアピールしていけるかが重要です。

モナコイン(Mona coin/MONA)

モナコインの価格はいくら?

仮想通貨時価総額ランキング: 79位(2018年2月11日時点)
過去最高値: 1MONA = 約2200円

モナーコイン price

モナコインの成長率は?

2017年1月の価格2018年2月11日の価格成長率
2.6円426円160倍

モナコインの特徴は?

ライトコイン(Litecoin/LTE)をベースに開発された純国産の仮想通貨です。世界で初めてSegWitという送金が早くなるアップデートを成功させた通貨でもあります。

ビットコインに比べて送金も早く、送金手数料が安いのが特徴です。

また、日本のコミックマーケットでの支払いに使うサークルも増えてきています。

モナコインの将来性は?

モナコインは純国産の仮想通貨ということもあって、日本国内での取引が中心となっています。そのため、今後海外の有名取引所に上場されるかどうかという点が価格高騰のポイントになってくると思います。

また、モナコインは日本のコミュニティが強い通貨でもあるので、今後コミュニティがどう盛り上がっていくかという点も価格に影響を与えてくると思います。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin cash/BCH)

ビットコインキャッシュの価格はいくら?

仮想通貨時価総額ランキング: 4位(2018年2月11日時点)
過去最高値: 1BCH = 約44万円

bitcoin-cash price

ビットコインキャッシュの成長率は?

2017年8月の価格2018年2月11日の価格成長率
5万円13万円2.6倍

※2017年8月1日にビットコインからハードフォークして誕生しています。

ビットコインキャッシュの特徴は?

ビットコインキャッシュは、2017年8月1日にビットコインからハードフォーク(分裂)してできあがった仮想通貨です。

ビットコインキャッシュはビットコインの欠点である、送金スピードの遅延や高騰する手数料の問題を解消するアップデートが行われているため、実用度はビットコインより高いとも言われています。

ビットコインキャッシュの将来性は?

ビットコインキャッシュの価格はビットコインの価格に比例して成長しているため、ビットコインの価格の影響が大きいです。ただし、前述の通り、ビットコインの問題点を改善した通貨でもあるので、今後徐々に対ビットコインでも成長していくのではないかと思います。

以上がBitTrade(ビットトレード)で購入できる仮想通貨の一覧になります。