【仮想通貨用語】リーマン砲(りーまんほう)とは?

【仮想通貨用語】リーマン砲(りーまんほう)とは?

リーマン砲(りーまんほう)・サラリーマン砲(さらりーまんほう)

サラリーマンの休憩時(主に12時から13時)や就業後(17時から18時頃)付近に仮想通貨の値動きを多く起こることからつけれれた。
就業中のサラリーマンが仮想通貨の情報や相場などを入手し、休憩中や就業後に一斉に売買を行うために発生する。
または、それを期待して「リーマン砲がくる!」などと用いられる。