【仮想通貨用語】狼狽売り(ろうばいうり)とは?

【仮想通貨用語】狼狽売り(ろうばいうり)とは?

狼狽売り(ろうばいうり)

なんらかのニュースや材料などによって相場が急激に下落した際に、心理的にパニック状態に追い込まれ、売り注文を出してしまうこと。
冷静に判断すれば売らなくても良い場面でも、雰囲気にのまれ、売ってしまうこと。
仮想通貨は特にボラタリティが高いため、狼狽売りをしない強いメンタルが試されることがしばしばある。