イナゴ

【仮想通貨用語】養分(ようぶん)とは?

養分(ようぶん) 仮想通貨が暴騰した際に高値で買ってしまい、その後暴落した際に、不利益を出している状態。 このとき、他の誰かは利益を出していることから、その人の養分になっているという意味で利用される。 類似用語に、イナゴなどがある。あわせてイナゴ養分などいわれる。

【仮想通貨用語】イナゴ(いなご)とは?

イナゴ(いなご) 急騰・急落した銘柄に群がって売買している人々をあらわす。 また、その結果タワー上に形成されたチャートをイナゴタワーと呼ぶ。 また、その特性を利用し急騰後の仕手による売りをイナゴ焼きとも呼ぶ。