仮想通貨の安全な保管 Ledger NanoS は必ず公式で買うべき。ハードウェアウォレットでセキュリティは万全に。

仮想通貨の安全な保管 Ledger NanoS は必ず公式で買うべき。ハードウェアウォレットでセキュリティは万全に。

仮想通貨のウォレットとは?

仮想通貨のウォレットとは、銀行だったら銀行口座、証券だったら証券口座のように、仮想通貨の口座のことです。
また、仮想通貨のウォレットには秘密鍵といわれる、所有者本人であることを示す文字列が必ずセットで存在します。

この秘密鍵を守り抜くことが、自分の仮想通貨を守り抜くということになります。

たとえば、各取引所はそれぞれの通貨のウォレットとその秘密鍵を保持しています。
ウォレットとその秘密鍵の数、保存方法などは各取引所によって様々です。

例えば、先日のCoincheck(コインチェック)社のネム(NEM/XEM)の流出事件で言えば、Coincheck(コインチェック)は 単一のウォレットに顧客全員のネムを保管していました。
さらにそのウォレットと秘密鍵はホットウォレット(ホットストレージ)と言って、常にネットワークに繋がった状態でした。
そのため、悪意のあるハッカーから秘密鍵を盗まれるという自体にまでなってしまいました。

過去にもマウントゴックスがビットコインを盗まれるなど、取引所に仮想通貨を預けておくのは必ずしも安全とはいえません。

自分の仮想通貨の資産を安全に守るためにウォレットと秘密鍵をどう管理するかというのが課題 になってきます。
仮想通貨を安全に補完するのにはハードウェアウォレットがおすすめです。

仮想通貨のハードウェアウォレットとは?

ハードウェアウォレットはウォレットの秘密鍵をUSBメモリなどのハードウェアに保存したもののことを言います。

ハードウェアウォレットとアプリや取引所の特徴は以下のようになっています。

ハードウェアウォレットアプリ・取引所
種類コールドウォレットホットウォレット
メリット盗まれるリスクが低い送受金が簡単
デメリット送受金が簡単ではない盗まれるリスクが高い

取引所は色々なユーザが色々なタイミングで送金・受金を行うため、どうしてもオンライン状態のホットウォレットでの管理が必要になってきます。そのため、盗まれるリスクも高まってしまいます。

ハードウェアウォレットのLedger NanoS とは?

Ledger NanoS は暗号通貨専用のハードウェアウォレットです。高いセキュリティが売りになっています。
Chromeアプリケーションが動作する全てのコンピューターにUSB接続可能です。

対応通貨は主に以下になります。

  • ビットコイン(Bitcoin/BTC)
  • ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)
  • ビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)
  • イーサリアム(Ethereum/ETH)
  • イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)
  • リップル(Ripple/XRP)
  • ライトコイン(Litecoin/LTC)
  • ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)
  • ダッシュ(Dash/DASH)
  • ドージコイン(Dogecoin/DOGE)
  • コモド(Komodo/KMD)
  • アーク(Ark/ARK)
  • ネオ(NEO/NEO)

Ledger NanoS こちら の日本公式代理店から購入できます。

ハードウェアウォレットの中古は危険!!

メルカリやamazonなどの中古で購入するのは絶対にやめましょう。
どんな細工がされているかわかりません。
最悪、秘密鍵が盗まれるかもしれません。

ハードウェアウォレット Ledger Nano S 日本正規代理店ここ!!

株式会社Earthshipは仏Ledger社と正規代理店契約を結んでいます。



Ledger NanoS 正規店で購入することを強く推奨します。